Googleアナリティクスで自社データを除外する3つの方法

Pocket

アクセス解析_アイキャッチ(シアン)

 

Googleアナリティクスで正確なデータが取れていない事例は多くあります。今回はその中で、自社や自分がユーザーデータに含まれてしまうことで、という問題の課題解決にあたる3つの方法を記載します。

実際お客様のコンサルティングを担当させていただく中で、意外と多いのが「自社のデータとユーザーのデータが混同してしまっているケース」です。

Google是非御参考にして頂ければと思います。

 

Googleアナリティクスで自社/自分データを除外する方法

 

Googleアナリティクスで自社やご自身のデータを除外する方法は3つ存在します。

 


 1. 固定IPを利用して除外する

 2. アドオンを用いて除外する

 3. Cookieを用いて除外する


 

それぞれ簡単に特徴をみていくと、

 


 1. 固定IPを利用して除外する方法は・・・

メリット:関係者を巻き込まなくても1人で作業が完結できる

デメリット:共通の固定IPを使っている必要があります。(IPが社内共通でない場合はIPごとに設定が必要となります)

 2. アドオンを利用して除外する方法は・・・

メリット:アナリティクスを触らなくてよい。

デメリット:PC1台1台、ブラウザ1つ1つにアドオンをダウンロードする必要がある。

 3. Cookieを利用して除外する方法は・・・

メリット:関係者への伝達、除外作業が比較的手軽である。

デメリット:管理が煩雑。加えて時間がたつにつれて除外精度が落ちてくる傾向にある。


 

といったイメージです。以下詳細に手順をまとめますので、ご自身の状況にあったものご覧頂ければと思います。

 

1. 固定IPを利用して除外する手順

 

固定IPを利用して除外する

 


 1. アナリティクスの設定にアクセス

 2. フィルタの設定画面を表示

 3. 「新しいフィルタ」ボタンをクリック

 4. 除外したいIPを設定する

 5. 「保存」ボタンをクリック


 

 

[ 1 ]アナリティクスの設定にアクセス

 

Googleアナリティクス自社データ除外_固定IPで除外_アナリティクス設定

 

 

[ 2 ]フィルタの設定画面を表示

 

Googleアナリティクス自社データ除外_固定IPで除外_フィルタ表示

 

[ 3 ]「新しいフィルタ」ボタンをクリック

Googleアナリティクス自社データ除外_固定IPで除外_新しいフィルタを作成

 

[ 4 ]除外したい固定IPを設定する

 

Googleアナリティクス自社データ除外_固定IPで除外_ビューにフィルタを追加

 

[ 5 ]「保存」ボタンをクリック

フィルタ設定画面左下、保存ボタンをクリックします。

 

Googleアナリティクス自社データ除外_固定IPで除外_保存ボタンをクリック

 

これにて完了です。

 

2.アドオンを用いて除外する手順

 

オプトアドオンとは、Googleアナリティクスにデータ計測されたくない場合に用いられるアドオンです。こちらをダウンロードしておけば、自社サイトだけでなくどのサイトでもデータ計測されなくなります。

除外したい人数が少ない場合で、かつIPが共通出ない場合こちらの方法がお勧めです。Googleアナリティクスのオプトアウトアドオンを用いて除外する方法を以下にまとめます。

 


 1. Googleアナリティクスオプトアドオンページにアクセスする

 2. オプトアドオンをダウンロードする

 3. オプトアドオンをインストールする


 

[ 1 ]Googleアナリティクスオプトアドオンページにアクセスする

Googleアナリティクスオプトアドオンページはこちらです。【https://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=ja

 

[ 2 ]オプトアドオンをダウンロードする

 

Googleアナリティクス自社データ除外_オプトアドオンで除外_新規ダウンロード

 

[ 3 ]オプトアドオンをインストールする

 

Googleアナリティクス自社データ除外_オプトアドオンで除外_同意画面

 

こちらにてオプトアドオンによるデータ除外の手順は終了です。お使いのブラウザのバージョンによって若干設定が異なることもあるようなので、以下のヘルプを御覧ください。

オプトアドオンに関するGoogle公式ヘルプはこちら【https://support.google.com/analytics/answer/181881?hl=ja

非常に簡単ではあるのですが、これらを社内のPC毎にやって頂く必要がありますので場合によってとても大きな手間になります。

 

3.Cookieを用いて除外する手順

 

 


 1. アナリティクスの設定にアクセス

 2. フィルタの設定画面を表示

 3. 「新しいフィルタ」ボタンをクリック

 4. フィルタを設定する。

 5. 「保存」ボタンをクリックする。

 6. コードを作成する

 7. サーバーにアップロードする

 8. データを除外したい関係者にアクセスしてもらう


 

[ 1 ]アナリティクスの設定にアクセス

 

Googleアナリティクス自社データ除外_固定IPで除外_アナリティクス設定

 

[ 2 ]フィルタの設定画面を表示

 

Googleアナリティクス自社データ除外_固定IPで除外_フィルタ表示

 

[ 3 ]「新しいフィルタ」ボタンをクリック

Googleアナリティクス自社データ除外_固定IPで除外_新しいフィルタを作成

[ 4 ]フィルタを設定する。

 

Googleアナリティクス自社データ除外_Cookieで除外_フィルタの設定

 

[ 5 ]「保存」ボタンをクリックする。

 

Googleアナリティクス自社データ除外_固定IPで除外_保存ボタンをクリック

 

[ 6 ]コードを作成する

 

コードを作成する際は以下のコードを御参考にしてください。

 

 

上記のコードの中で、2つご自身で変えて頂くところがあります。


 

 1. 7行目’フィルタパターンで入力した文字列’はアナリティクス設定のフィルタパターンで入力したもの

 2. 13行目の”UA-xxxxxxx-x”をご自身のGoogleアナリティクストラッキングコードに変更。


 

 

[ 7 ]サーバーにアップロードする

手順6で作成いただいたコードをサーバーにアップロードします。ファイル名・ファイルの置き場所は特に指定が無いので、任意でかまいません。

 

[ 8 ]データを除外したい関係者にアクセスしてもらう

最後にデータを除外したい関係者に、作成したURLを伝えます。メールで一斉送信するのが楽かもしれません。関係者の方がアクセスすればクッキー情報がきろくされ、データが除外される仕組みです。

なお、クッキー情報を削除してしまうとデータは除外されなくなります。その際は再度URLにアクセスして頂く必要があります。

 

まとめ

 

今回はGoogleアナリティクスにおける自社(自分)データを計測しない方法を3つまとめました。

正確なデータが見れるに越したことはありせんので、もし自社データの除外に取り組まれていないご担当者様がいらっしゃれば上記を御参考に作業を進めて頂ければと思います。

 

【あわせて読みたい記事】


 ◯ 内部トラフィックの除外-Googleアナリティクス公式ヘルプ【https://support.google.com/analytics/answer/1034840?hl=ja

Googleアナリティクスの公式ヘルプ、内部トラフィックに関するヘルプページです。


 

-カテゴリ:アクセス解析

-Webマーケティング think the web

Pocket