PiggyBack(ピッギーバック)

Pocket

バナー2_シンプルWebマーケティング用語集

 

PiggyBack(ピッギーバック)

 

PiggyBack(ピッギーバック)とは一言で言うと、リクエストのレスボンスに便乗してサーバーの更新を返すデータの転送するときの方式を指します。PiggyBack(ピッギーバック)は、一つのマーケティング目的のキャンペーンなどに他の目的であるマーケティングを便乗していくマーケティング活動の事を言います。

ダイレクトメールに他の目的である何か、例えばプロモーションを同封したり添付したりするもの、またはテレビなどのコマーシャルなどで、同じ広告主とは別のコマーシャルを便乗させることをPiggyBack(ピッギーバック)と呼ぶことがあります。

最初にタグを埋め込み、その後から他のタグを追加すると言うことでは色々と手間がかかってしまいます。そこでyBack(ピッギーバック)機能がとても便利なのです。

しかし、この方法を利用していくことで中には悪意のあるスクリプトなどがあると厄介です。こうした事態にならないためには、乗っかってくる他のタグの安全性をドメインで検査することや、スクリプトを解析して安全かどうかをきちんと把握することをしなければいけません。

土台が出来ていれば、それに便乗していくつものタグを載せられることができるといったメリットがありますが、その反面安全性に注意を払う必要があります。。

 

-シンプルWebマーケティング用語集

-Webマーケティング think the web

Pocket